fc2ブログ

PCエンジン CDROM2のソフトデータを吸い出して遊んでみた☆(PSP編)

ファミコンディスクシステム編から一年以上のご無沙汰でしたが、また新たに挑戦し、遊ぶことが出来ましたので、書いてみようと思います*゚o゚)ノ 

ゲームは前回に載せた画像のものを使います。
P10102222
このやり方はPSP本体と、あるUMDゲームを利用して遊ぶようにする方法です。PCゲーム 音楽のメモ的ブログ様PSPでPC-ENGINEのCDROMを動かそう!様の記事を参考にさせていただきました。この場を借りてお礼申し上げます<(_ _*)>


一昨日日記で書いたばかりでいきなりですが、PCエンジンのCDROM2のバックアップについて。

CDROM2のエミュレータで遊ぶためには、ゲームデータの他にもうこの関連日記ではお馴染みの“Bios”データ(Huカードのシステムカードデータ)が必要なため、遊べるエミュレータは限りなくゼロに近いです。(製作者様オリジナルのBios搭載型があるか探してみましたがダメでした)

色々と探している過程で、PSP本体とあるUMDゲームを利用して遊べるといった興味深い情報を知ったので、挑戦意欲が湧きました(苦笑)

それはハドソンより2008年に発売された“PC Engine Best Collection”のゲームを使用した方法です。現在“天外魔境コレクション”“銀河お嬢様伝説コレクション”“ソルジャーコレクション”の3タイトルが発売されています。このうちのどれか1タイトルを用意すると良いようです。ちなみに私は“銀河お嬢様伝説コレクション”を用意しました。



簡単に言うと、“PC Engine Best Collection”のどれか1タイトルのゲーム内容を自分が遊びたいCDROM2ゲームデータに書き換えてしまおうというもの。

プレイステーションの“Bios”データの記事と同じく画像と文字で長くなってしまいますがご勘弁下さい。また先人様と内容が被ることもあるかと思うので、こちらも同じく。ついでに作業を行うにあたっては全て自己責任で…。



まずは用意する物のご紹介。

・パソコン(古いOS推奨。XPが良いかも)
・パソコンとPSPを繋ぐ“USBケーブル”
・プレイステーション・ポータブル本体(CFW化またはLCFW化したもの)
・メモリースティック(1GB程あれば問題ありません)
・PSPソフトの“PC Engine Best Collection”のISOデータ(天外魔境コレクション、銀河お嬢様伝説コレクション、ソルジャーコレクションのどれか1タイトルを「PSPfiler」か「ISO_TOOL」などでバックアップしておく)

・Microsoft .NET Framework 2.0(ダウンロードしたら先に導入しておきます)
・ATRAC3 CODEC(↑に同じく)
・pceconv_tool
・ppf-o-matic3
・TurboRip
・UMDGen
・EAC PSP Edition

※“Microsoft .NET Framework 2.0”から“EAC PSP Edition”まで全てネット上でダウンロードします。



■作業手順1:CDROMからゲームデータを吸い出してファイルをリネーム


CDROMというと、バックアップには以前書いたPS1編、SS編、PS2編”共通で使用した“CD Manipulator”が日記をご覧になられた方ならば思い浮かぶかもしれませんが、ここでは別の“TurboRip”というソフトウェアを使って進めていきたいと思います。吸い出すだけなら“CD Manipulator”で問題ないかと思いますが、今回はちょっと色々と細かい作業になるので、こちらの方でいきます。

1
まず、ダウンロードした“TurboRip.exe”を起動させ、次にPCのCDドライブへバックアップしたいCDROM2を入れます。ここでは“ぷよぷよ”を例に踏まえて説明していきます。

2-1
画像のように半角で“1”と入力しEnterキーを押す。その後でゲームフォルダが作成され、数個の音声ファイル(wav)とイメージファイル(ISO)などが作成されます。物によってファイルの数は全く違ってきます。
3


何事もなく進むと、自動的にウインドウが閉じるので、ゲームフォルダがちゃんと作成されているか確認。ゲームフォルダは“TurboRip.exe”と同じ階層に作成されているはず…。
4

私は“ぷよぷよ”で試したので、“Puyo Puyo CD (J)”というフォルダが出来上がっています。

中身は↓このような感じになってます。
5


次に出来上がったフォルダとこの中身の全てのファイルをなるべく短く同じ名前になるようにリネームします。
ここで試したのは“ぷよぷよ”ですので、「Pu」としました。cueファイルとtocファイルも同じく。wavファイルは連番にします。
6


全てリネームし終わったら、その中のcueファイルにカーソルを合わせて右クリック。プロパティをクリックして、その中の変更をクリック。ワードパットに合わせてOKをクリック。

プログラムが変更されて編集が出来るようになるので、cueファイルにカーソルを合わせて今度は左クリック。すると↓のように出てきます。
7



これらは先程出来上がったファイル情報が順番に書かれているので、同じようにここでも同じ名前になるように全てリネームして書き換えます。書き換える部分は " " の中です。
この場合だと、"01 Puyo Puyo CD (J).wav"の“01 Puyo Puyo CD (J)”の部分ですね。拡張子はそのまま残します。結構地味な作業です(苦笑)
8

全てリネームし終わったら、上書き保存をしてウインドウを閉じます。


これで手順1は終了です。





■作業手順2:wavファイルをtocファイルに変換


ダウンロードした“EAC PSP Edition”を解凍し、インストールします。

10

13
セットアップの最後に再起動を求められるので、私は一度ここで再起動しました。
再起動しなくても問題ないかとは思いますが、確実にプログラムを起動させるには再起動が一番です。


出来上がった“Exact Audio Copy PSP Edition.exe”を起動させるとこのように表示されます。
14


15
ここで作業1で吸い出したwavファイルを全てドラッグ&ドロップすると保存画面が表示されるので、
そのまま保存をクリックすればwav→tocの変換が始まります。
16

17
完了すると、音が鳴るのでそのままウインドウを閉じます。
変換が完了すると、元あったwavファイルと同じ階層にtocファイルが変換した分だけ作成されています。
18

※この時、wavファイルは消さずにそのまま残しておくこと。



これで手順2は終了です。





■作業手順3:ゲームデータをPSP用に変換


デスクトップ画面やドキュメント、Cドライブ等どこでも良いので、テキスト(メモ帳)を新規作成し、以下のように入力します。.HCDの後は改行してpauseと入力。


pceconv.exe C:\Pu\Pu.cue C:\Pu\HCD5078.HCD
pause


※1……↑の5078という数字はゲームタイトルの番号です。ちなみにこの番号は“銀河お嬢様伝説ユナ”となっています。私は“銀河お嬢様伝説コレクション”で試したので、自然とこうなりました。

※2……↑のPuは作業1で吸い出して短くしてリネームしたあの時のものです。当然バックアップしたいゲームデータによって変わってきます。

分かりやすく他のタイトルも表にしてまとめてみました↓

天外魔境コレクション
HCD9005
天外魔境 ZIRIA
HCD1022
天外魔境2 卍MARU
HCD3046
天外魔境 風雲カブキ伝
HCD5070
カブキ一刀涼談
銀河お嬢様伝説ユナコレクション
HCD5078
銀河お嬢様伝説ユナ
HCD5075
銀河お嬢様伝説ユナ2永遠のプリンセス
HCD5080
銀河婦警伝説サファイア
ソルジャーコレクション
HCD2024
スターパロジャー




テキストを保存した後に、拡張子を.txtから.batに変更します。
私の場合“Pu.txt”→“Pu.bat”となります。



さあ、ここからが本番。作業3は作業手順のなかでここが一番難しいかと思います。


ダウンロードした“pceconv_tools(pceconv.exe)”を使うのですが、かなりの癖があるようで、“Microsoft .NET Framework 2.0”がインストールされていないと、“pceconv_tools(pceconv.exe)”を起動してもエラーが出てしまい、強制終了してしまいます。↓のような感じに。



また“Microsoft .NET Framework 2.0”以外の“3.0”や“3.5”など、“2.0”以上がインストールされていても同じく強制終了してしまうので、必然的に古いOS推奨となってしまうと思います。(新しいPCだと“4.0”などが元から入っているでしょうから、無理に消さない方が良いです)

“2.0”といっても色々と種類があるようなので、確実にこれが良いというものはないかと思います。環境によって変わってきます。
かくいう私も色々と探して試しましたので、少し心が折れかかりました(苦笑)
なので、これに関しては、自身で頑張って探してヒットさせるしかありません。



と、前置きが長くなりましたが、導入出来ていることを前提に先に進めていきます。
作業をしやすいようにCドライブ直下に“Pu”フォルダと“Pu.bat”“pceconv_tools”フォルダ内のすべてのファイルを置きます。


つまり、解凍した“pceconv_tools”フォルダ内は↓のようになっているので、この5つのファイルを
19

吸い出して変換&リネームした“Pu”フォルダと、テキストを変換した“Pu.bat”を一緒にCドライブ直下に置きましょうということですね。



用意が出来たら、“Pu.bat”をクリックして実行します。
上手く導入されていると、↓のようになるので少し待ちます。



少し経ってから、文字がズラッと出てくるので、そのまま待って動きが完全に止まったら(“続行するには何かキーを押して下さい”が合図です)どれでもいいのでキーを押します。するとウインドウが閉じます。



同じ階層にHCD5078の“HCD”“AT3”“BIN”の3種類のファイルがあるのを確認出来たら、ファイルは完成です。



これで手順3は終了です。







■作業手順4:PSPのISOファイル展開とBOOT.BINの入れ替え


手順4に入る前に、あらかじめ“PC Engine Best Collection”のどれか1タイトルをISOに変換して用意します。ここではPSPをCFW化またはLCFW化したものを用意し、“銀河お嬢様伝説コレクション”をISO変換した状態を前提に進めていきます。


用意出来たら、ダウンロードしておいた“UMDGen”を起動。ISOファイルをドラッグ&ドロップして読み込ませます。
20

読み込ませたら、左側の“PSP_GAME”をクリックし、右側の“SYSDIR”も同じくクリックして↓のように表示させます。
21


表示させたら、右側に“BOOT.BIN”が表示されているので、右クリック。項目の“Extract Selected...”を選択して自分で分かりやすい場所に保存しておきます。
※この時“UMDGen”はそのまま閉じずに待機させておくこと。




次にダウンロードしておいた“ppf-o-matic3”を起動します。
22

ISO Fileの右にあるフロッピー画像をクリックし、“UMDGen”で保存した“BOOT.BIN”を選択。
23

次にPatchの右にあるフロッピー画像をクリックし、“pceconv_tools”フォルダ内の“boot.bin.ppf”を選択して、Patchの下にあるApplyをクリックして“BOOT.BIN”にパッチを当てます。
24

パッチを当てたら、その“BOOT.BIN”を“EBOOT.BIN”にリネーム。


待機させていた“UMDGen”画面にある元の“EBOOT.BIN”を削除して、同じ場所にパッチを当てた新たな“EBOOT.BIN”をドラッグ&ドロップ。

次に“UMDGen”の左側ツリーより、USRDIR→CONTENT→CDROM→HCD5078の順にクリックして右側の中身を全て削除します。

26
HCD5078は“銀河お嬢様伝説ユナ”のゲームデータなので、これを削除して入れ換えるわけです。

その場所に先程手順3で作成した“Pu”フォルダ内のHCD5078の付く“HCD”“AT3”“BIN”の3種類のファイルを、全てドラッグ&ドロップして入れ換えます。
27
入れ替えた後は↑のようになります。


最後に“UMDGen”のSaveアイコンをクリック。
Uncompressed(※.iso)を選択して名前を付けて保存すれば完成です。この時オリジナルのISOファイルに上書き保存しないように、別の分かりやすい居場所に保存しておくと良いでしょう。


↑のように任意の場所へファイルの作成が始まります。完了すると、自動的にウインドウは閉じるので、“UMDGen”なども一緒についでに閉じておきましょう。



出来上がったISOをPSPの任意の場所へ入れて起動させます。初めは“銀河お嬢様伝説コレクション”のメニューが表示されますが、“銀河お嬢様伝説ユナ”を選択してゲームを始めます。

いくつかセーブを求められますが、全て“はい”にします。



更に進めると何と“ぷよぷよ”が始まります。


これはすごい! 本当にPSPで遊ぶことが出来てしまったσ(^_^;)
作業自体は初めてということで、つまずきもしましたが、興味深いことに挑戦出来て満足です(^^)


“しゃべる! しゃべる! とってもしゃべる!!”ということで声優さんのボイスをかなり聴くことが出来ます。しかし、アルルの声を三石琴乃さんが当てられていたとは知らなかった(;゚∇゚) 他にも千葉繁さんや堀川りょうさん、日高のり子さんなどの豪華声優陣が出演されていたとは、当時遊べなかった自分が悔しいorz


でも時を超えてこうして遊べる機会が出来たから良かったです。
声優さんの演技を聴きつつ、ゲームの方を頑張ってクリアしていきたいと思います!(o^-')b





~あとがき~

実は私が今回試した“銀河お嬢様伝説コレクション”には後二つタイトル(銀河お嬢様伝説ユナ2と銀河婦警伝説サファイア)があって、この二つも書き換えて遊ぶことが可能です。


というわけで試してみました!

HCD5075(銀河お嬢様伝説ユナ2)には“プリンセスメーカー1”のゲームデータに入れ替え、







HCD5080(銀河婦警伝説サファイア)には“ときめきメモリアル”をそれぞれ入れ替えてみました☆









普通にプレイ出来てしまった(^▽^;)
更に大満足です。3タイトル入れて約500MB程でした。容量もかなり抑えられて良いですね。
全てのゲームタイトルに対応しているかは分かりませんが、もし出来たら素晴らしいです。

後は“銀河お嬢様伝説コレクション”の見た目をあれこれ変えられないものか、色々試してみようと思います!

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

~ブログ状況~
・現在、当ブログは休止しております。 また、お問い合わせは対応出来ませんので、ご了承の程宜しくお願い致します。

・稀に記事を上げることはあるかもしれませんが、完全な復帰は未定です。
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

☆最新記事一覧☆
「メモリーズオフ20th」イベントグッズをゲット☆ Jan 05, 2022
2021年もあにしゅがさんのケーキを堪能♪ Jan 03, 2022
新年のご挨拶 2022年! Jan 02, 2022
■GBAダンパーの質問コーナー■ Mar 13, 2021
「30周年記念カードダスミニ自販機」をゲットしました☆ Feb 06, 2021
管理人のプロフ

アカネorかおるん

Author:アカネorかおるん



【軽く自己紹介】
■アニメ・ゲームが大好き人間
■自称メモオフ&名作劇場のファン
■イラスト描くのが好きでサイトに不定期で掲載
■エミュレーターに興味を持っている
■物を作る・弄るのが好きで該当するものは積極的に取り組む(活動控え目中)

あかね色の呟き
管理人が利用する通販
アマゾン



ソフマップ

トレーダー

アニメイト

ゲーマーズ

あみあみ

せんごくネット通販

秋月電子通商

共立エレショップ






バナー置場
バナー
相互リンク
管理人の旧サイト
思い出の木の下で(旧)
新サイトを充実させてから消す予定w

リンク部屋となっております。 現在リンクフリーです。リンクを組む際の注意事項はお部屋の一番下をご参照下さい。
メインコンテンツ
サブコンテンツ
最新コメント
各公式サイト様

↑メモリーズオフの公式サイト様

日本アニメーションホームページ
↑世界名作劇場のサイト様
Special thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
QRコード
QR