fc2ブログ

ファミコンディスクシステムのディスクデータを吸い出してみた☆その③

ここでは起動ディスクを使い、実際の吸い出し作業について書いていきます。

その①の日記の一番下でも画像掲載した通り、全体的なセッティングを済ませます。
FDSセッティング
パソコンの電源を入れる前に前回の日記でも書いた“起動ディスク”を入れてから電源を点け、ディスクシステムドライブの自作アダプタ側の電源コンセントも入れます。(この時パラレルケーブルでお互いを繋いでいるので、ディスクシステムドライブのランプがほんのりと点灯します)
自作アダプタのランプ点灯
すると、自作アダプタのランプが点灯し、ディスクシステムドライブの起動音(お馴染みのカシャカシャカシャガコンという音)がすると思います。場合によっては起動音が鳴らずランプが点灯するだけの時もあるかもしれませんが、それでも大抵は正常に動いているので大丈夫です。

この時、ディスクシステムドライブの自作アダプタ側の電源を入れる前から、ディスクゲームをドライブへ入れるのは絶対に避けるように注意が必要です。もしディスクゲームを入れたまま自作アダプタ側の電源を入れてしまうと、ほぼ確実にディスクデータが飛びます。
自分はそれで一枚駄目にしてしまいました(^▽^;)

具体的にどのように駄目になるかというと、“FDSLOADR”を試された方は具体的な説明をされていませんでしたが、おそらく各ディスクゲームの読み込みバー(赤いバー)が出ずに、↓のような黄色の文字で“0”や“/”など一文字しか出なくなる現象だと思います。
ディスクデータエラー?


ディスクシステムドライブの中を開けてヘッドの調整などをしてみましたが、全く効果がありませんでしたので、ほぼ間違いないでしょう(;゚∇゚) (ベルトのゴムも綺麗なものでしたし)

まあ失敗したことにより、この日記を読んで下さり参考にされている方々のお役に立てられればこれ幸いということで良い方向に考えていこうと思ってます(苦笑) 今度また買いに行こうorz

MS-DOSの起動画面①
前置きが長くなっちゃいましたが、自作アダプタ側の電源を入れた後、パソコン側を見ると、MS-DOSの起動画面に切り替わり↑のような状態になります(A:╲>が二つ出てますが、おそらくアプリケーションファイルが複数あるからだろうと思います。出ていても問題ありません)。

MS-DOSの起動画面②
A:╲>と出たら、前の日記でも書いたフロッピーディスクに保存した“FDSファイル名”を入力するのですが、そのまま入力すると↑の様に“Bad command or file name”と出てしまい、先に進むことが出来ません。


MS-DOSの起動画面③
なので入力を少し変えて“fdsloadr 2.fds”と入力します。←fdsloadrの後は半角スペースキーで空きを作ってからファイル名(拡張子も含む)を入力します。

MS-DOSの起動画面④
するとこのように画面に表示されます。これが“FDSLOADR”起動画面になります。

ディスクシステムドライブ起動
起動画面が表示されたら、いよいよディスクゲームをディスクシステムドライブの中へ入れます。ここでは私は“両面ディスク(A面B面)”を吸い出したいので、まずA面から入れていきます。すると自動的にランプが点き、あのお馴染みのカシャカシャカシャガコンという起動音がします。

A面読み込み時
一方パソコン側を見てみると、読み込みが速い(遅いと読み込みを繰り返します)とすぐ画面に赤いバーが読み込みに応じて右へ伸びていきます。バーが止まるとディスクシステムドライブ側の起動音が止まるので、これで読み込みが完了したことになります。


片面ディスク(A面のみ)の場合は、この後パソコンのキーボードの“F4”(これを押すことにより、仮想ディスクデータファイルにゲームデータが上書き保存されて完全なゲームデータファイルになります)を押したらフロッピーディスクにデータが保存されて終了なのですが、“両面ディスク(A面B面)”の場合は、赤いバーが止まったら、キーボードの“2”を押してB面も読み込み出来るように切り替えないといけません。

押した後、バーの色が変わるので、その後ディスクシステムドライブからディスクゲームを取り出し、B面に入れ替えます。


そうしたらまた自動的にランプが点き、あのお馴染みの起動音がします。
ちょうどA面で読み込まれたバーのすぐ下にまたバーが現れて右へ伸びていきます。完全に止まったら後は“F4”を押してゲームデータファイルを仮想ファイルに上書き保存し、ディスクゲームと起動ディスクを抜き取り、パソコンとディスクシステムドライブの起動を終了させて吸い出し終わりです。
B面読み込み時


参考なまでに他のゲームでも読み込みをしてみましたので、少しご紹介します。ゲームディスクによってバーの長さは様々です。
ゲーム読み込み例②

ゲーム読み込み例①
なんか無駄にB面が長いものがありますね(苦笑) このことからも分かるようにB面に集中してゲームデータを入れている様です。吸い出しをしていると、こうした細かなところも知ることが出来るので作業が楽しいですヽ(*^^*)ノ


読み込み失敗
ゲームディスクによっては、読み込みは出来ても↑のようにバーの途中で“×”印が出てしまうことがあります。その時はキーボードのスペースキーを押すか、その面のディスクゲームを入れ直すと再びディスクシステムドライブ側で起動音がして読み込みます。結果また“×”印が出て上手くいかない時は面倒でもトライあるのみですが、最悪データが駄目になっている可能性も考えられますorz

ちなみに2枚両面ディスク(前編・後編に分かれたA面B面)の場合は、2本目のバーの後にキーボードの“3”を押して後編のA面を入れると読み込みが始まり、3本目が出て、キーボードの“4”を押して後編B面に入れ替えたら読み込みが始まり、4本目のバーが出来ます。なので最終的に4本のバーが並びます。


吸い出しが終わっていざエミュ!と行きたいところですが、この機種でも“Bios”が必要なので吸い出す必要があります。


次回はディスクシステムの“Bios”吸い出しについて書いていきます(o^∇^o)ノ
“FDSLOADR”を使用するのに必要な機器の紹介☆
“FDSLOADR起動ディスク”を作成☆
ディスクシステムの“Bios”データを吸い出してみた☆
番外編1:“FDSLOADR”専用アダプタを自作してみた☆
番外編2:RAMアダプタ転送機を制作してみた+α☆
番外編3:“FDSLOADR”二号機を製作してみた☆
番外編4:ディスクシステムドライブのプロテクトを解除してみた☆
番外編5:続・ディスクシステムドライブのプロテクトを解除&“FDSLOADR”一号機改を製作してみた+α☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

~ブログ状況~
・現在、当ブログは休止しております。 また、お問い合わせは対応出来ませんので、ご了承の程宜しくお願い致します。

・稀に記事を上げることはあるかもしれませんが、完全な復帰は未定です。
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

☆最新記事一覧☆
「メモリーズオフ20th」イベントグッズをゲット☆ Jan 05, 2022
2021年もあにしゅがさんのケーキを堪能♪ Jan 03, 2022
新年のご挨拶 2022年! Jan 02, 2022
■GBAダンパーの質問コーナー■ Mar 13, 2021
「30周年記念カードダスミニ自販機」をゲットしました☆ Feb 06, 2021
管理人のプロフ

アカネorかおるん

Author:アカネorかおるん



【軽く自己紹介】
■アニメ・ゲームが大好き人間
■自称メモオフ&名作劇場のファン
■イラスト描くのが好きでサイトに不定期で掲載
■エミュレーターに興味を持っている
■物を作る・弄るのが好きで該当するものは積極的に取り組む(活動控え目中)

あかね色の呟き
管理人が利用する通販
アマゾン



ソフマップ

トレーダー

アニメイト

ゲーマーズ

あみあみ

せんごくネット通販

秋月電子通商

共立エレショップ






バナー置場
バナー
相互リンク
管理人の旧サイト
思い出の木の下で(旧)
新サイトを充実させてから消す予定w

リンク部屋となっております。 現在リンクフリーです。リンクを組む際の注意事項はお部屋の一番下をご参照下さい。
メインコンテンツ
サブコンテンツ
最新コメント
各公式サイト様

↑メモリーズオフの公式サイト様

日本アニメーションホームページ
↑世界名作劇場のサイト様
Special thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
QRコード
QR